ポンピドゥ文化芸術センター
Centre national d'Art d Culture Georges-Pompidou




 
 ポンピドゥ文化芸術センター
 Centre national d'Art d Culture
 Georges-Pompidou


 [設計]
  R.Piano & R.Rogers

 [所在地]
  フランス アル地区

 [アクセス]
  メトロ11番 Rambuteau駅下車。

 [用途]
  美術館

 [工事期間(竣工)]
  1970〜1977年

 [構造]
  鉄骨造



 [最終更新日]
  1999.11.20

 [ページ作成者]
  sha

 [コメント]
  いいコンペをやってくれました。
  当時は、町並みを壊すってことで、
  大変な騒ぎだったみたいですが...。
  ここでは、ハードとソフトの関係は
  ないというか、超越しているというか、
  この場所の生み出すエネルギーと
  いったら、まさに「祭」です。
  私は、この場所、好きです。
  芸術は一握りの人間のものでは
  ありません。

 

 

 ここには、国立現代美術館、図書館、音楽センターが
 入っています。

 

 現代美術が堪能できます。
 キュビズム、シュールレアリズム、フォービズム、表現主義、
 抽象表現主義、アンフォルメル、ダダイズム...。

 

 鉄骨造、ガラス張り、意匠的に演出された
 露出パイプ(赤:循環系、黄:電気系)。

 

 エスカレータを内包するチューブが空に向かって伸びています。

 

 エントランス近くの広場には、水を称えるティンゲリーの
 動く彫刻があります。
 大道芸人のパフォーマンスもあって、活気があります。

 とにかくエネルギーに満ち溢れた場所でした。


(C) Copyright 1996 SHA All Rights Reserved.