ノートル・ダム・デュ・オー礼拝堂
Chapelle de Norte-dame-du-haut




 
 ノートル・ダム・デュ・オー礼拝堂
 Chapelle de Norte-dame-du-haut


 [設計]
  Le Corbusier

 [所在地]
  フランス ロンシャン

 [アクセス]
  belfort駅から郊外へ24km。
  鉄道でbelfortまで行くと、
  ronchampまでバスが出ています。

 [用途]
  礼拝堂

 [工事期間(竣工)]
  1950〜1955年

 [構造]
  RC造



 [最終更新日]
  1999.11.20

 [ページ作成者]
  sha

 [コメント]
  ロンシャンがこの丘を必要としている。
  そんな印象を受けました。
  内部に入って、長椅子に座り、
  そっと息を落ち着けると、
  なんとも言えない雰囲気を感じます。
  シャルトルやノートルダムのような
  宗教色は強くありませんが、
  何かの儀式のために創られた空間の
  ようなイメージ。
  開口から注ぐ光が、そう思わせるのか?
  これは、
  間違いなく空間を創っている建築です。
  一見の価値ありです。

 

 

 よく「ロンシャン」と呼ばれるのは、この建築物のことです。

 白い外壁のスリット部分は、コンクリートの打ち放しです。
 そこに風を吹かすかのように扉が構えています。

 

 曲線を描くコンクリート打ち放しの屋根、白い外壁。
 この彫塑的フォルムが、建築界にとって衝撃的だった
 ことは言うまでもありません。

 この丘の上に立つ教会は、コルビーの最初の教会建築で
 あると同時に、後期の最高傑作であるとされています。

 

 エントランスの扉の壁画。

 

 付属棟。

 

 内部空間。

 モデュロールによって配された大小の窓。
 透明ガラスと色ガラスのはめ殺しです。
 この開口部が、内部空間のなんとも言えない感覚を
 生み出しています。


(C) Copyright 1996 SHA All Rights Reserved.