白石市文化体育活動センター「ホワイトキュ−ブ」
White CUBE




 白石市文化体育活動センター
 「ホワイトキュ−ブ」
 White CUBE


 [設計]
  堀池秀人

 [所在地]
  宮城県白石市鷹巣東2丁目1番1号

 [用途]
  文化施設、体育施設

 [工事期間(竣工)]
  1997年

 [周辺地図]
  mapion



 [最終更新日]
  2009.10.12

 [ページ作成者]
  sha

 [コメント]
  ガラスのホールに興味があり、
  訪れました。

  この日は、日差しが強かったため、
  カーテンウォールにロールブラインドが
  下がっていて、"切り取られた卵型"を
  外から見ることができず、残念。

  しかし、エントランスからの
  "高揚感を駆り立てる空間づくり"は
  イイ感じでした。

 
 
南面、南東面、南西面はカーテンウォールです。
テンポイント。
写真では、ロールブラインドが下りています。

 
南西コーナーのスカイライン。
そして、メンブレインの玄関庇。

 
エントランスホール屋根面の有圧扇。
熱だまりを逃がすためでしょうか。


ガラスのホールですが、建具部分は鋼製です。
通常の劇場などでよくつかわれているものです。

 
ホールの壁は、二重のFIX窓でつくられています。
間には、光のコントロールのためでしょうか、
シャッターが仕込まれています。

 
ホール内観。
内側のガラスは、屏風のように折れ曲がっています。
奥にシャッターが下りているのが見えます。

 
座席はアクリル製です。


アリーナの内観です。


(C) Copyright 1996 SHA All Rights Reserved.