ものづくりの最近のブログ記事

宮城県美術館

20180930dis01.JPG 20180930dis02.JPG

宮城県美術館に行きました。
2018年6月16日~9月30日開催のディズニー・アート展です。
展覧会のコンセプトは「いのちが吹き込まれた瞬間」とのこと。
子供たちも楽しめたようで、何よりでした。

カレンダー2019

20180926カレンダー2019.jpg

calendar2019.pdf

ちょっと早い気もしますが、今年も創りました。

樹脂粘土

20180729jyushi.JPG

台風が来るので、外に出られないから...という理由で、樹脂粘土を購入。
うちの子、手先が器用だなぁと思います。

ドールベッド

20180120bed01.JPG 20180120bed02.JPG 20180120bed03.JPG

こども達からリクエストを受け、
「夏休みには作るよ~。」
「冬休みには作るよ~。」
と言ってきましたが、ついに冬休みも終わってしまったので、あやまりつつ、急遽製作しました。


1.ダイソーで45cm×25cmの板を7枚購入。4段ベッド1台分。
2.底板部分は、45cm×25cmを4枚そのまま使用。
3.フレームは、45cm×25cmを2枚使用。1枚を4分割して8本の柱を切り出します。
4.2本を合釘+接着剤で縦につないで、4本の柱に。
5.残りの1枚は、最上段の立上りと、下段の背面立上りに使用。
6.釘と接着剤を併用して組み立て。

クリスマス

20171224cake02.JPG 20171224cake01.JPG

こども達が創った「おかしのいえ」
楽しくつくって、美味しくいただく、素敵ないえです。

カレンダー2015

20141119cal2015.jpg

来年のカレンダーです。
どうぞご自由にお使いください。

むにゃむにゃ通りの仕掛け

20130729sasa.jpg

仙台の連坊小路に「むにゃむにゃ通り」という商店街があります。
歩道部分は、300角のコンクリート平板敷きとなっているのですが、ところどころに七夕飾りの笹を立てるための「仕掛け」がなされています。
1年間、地面の中でこの時を待ち続ける「仕掛け」もまた、祭りの一員です。

カレンダー2013

20121201ca.jpg

恒例のカレンダー(2013年)です。
A3サイズ、月毎、pdfデータ。

CMGP

日経MJ&リサーチの企業500社に対するアンケート
「2001年CMグランプリ」
1位 ジョージア(日本コカ・コーラ) 228点
2位 黒ラベル(サッポロビール)   76点
3位 ボス(サントリー)         54点

1位はドラマとの連動が大きな要因らしい。
「明日があるさ」も流行ってたね、そーいえば。

僕が注目したいのは、3位のボス。
CMの異業種コラボレーション。
長瀬さんと布袋さんが、スカイパーフェクトTVのCMやKDDIのCMにも出てくるでしょ。
他業種の企業とコラボして相乗効果を狙うという試み。
自分のとこさえ流行れば...みたいな日本のビジネスのやり方は行き詰まるよね、やっぱ。
コラボCMの製作現場は刺激的で、そんなCMを見てる方も、やはり刺激的。
有効な試みは、どんどん広がるといいね。
(でも、蔓延化したら、普通か。)

P.S.
たとえ、その目的がキセル防止でも、一般化するといいね。
「suica」
同業種なんだから、(逆に難しいと思うけど、)JRさんも私鉄や営団と仲良くしたらどうでしょ。
使う方は便利だけどなぁ。

音に合わせてダンスするのが当たり前なら、ダンスに合わせて音を出しましょう。
東芝が、体の動きに合わせて自分の好きな電子音を出すヘッドホン型コンピューターを開発しました。
電子音は無線技術で離れた場所に送ることもできます。
音の「巧拙」を比べ合う娯楽用のほか、高齢者の活動状況の確認などの需要を見込んでいて、2002年以降の商品化(価格は1万円以内)を目指しています。

"高齢者の活動状況の確認"ってのは、
音で高齢者がどんな行動をしているか、又は、どんな行動ができるか確認するってこと?
それとも、音がしばらく止まったら異常事態と判断するってこと。
どちらにしろ、誰かがじっと音を聞いているわけだ。
あーんど、高齢者の方々はずっとヘッドホンしているわけだ。
???
"音の「巧拙」を比べ合う娯楽用"としたら、すっごい楽しそう。
"高齢者の活動状況の確認"ってのは、後付け?


月別 アーカイブ